冷えがつらい時に。紅茶を飲んでも体が温まらない原因は。

ダイエット食事

冬になって、食生活も変わったからから、

最近冷えが激しいのでした。

マクロビオティックで冷えを調べていると、

陰性の冷え症は、夏にできる野菜や、果物、アルコール、コーヒー、ジュース、

白砂糖、乳製品、薬やサプリメントの取りすぎで、細胞がゆるんでいるタイプ。

陽性の冷え性は、動物性食品、塩気の多い物、甲殻類、

硬く焼き上げたパンやクッキー、おせんべいが好き、

ストレスや過度の運動が多く、細胞が硬くなってしまっているタイプ。

陰性の冷え対策は、

甘いもの、果物、夏にできる野菜、乳製品、冷たいものを控える。

梅醤番茶、梅醤葛をのむ。煮込んだもの、乾物など、陽性の強いものを食べる。

陽性の冷え対策は、

動物性食品、甲殻類の食品、硬く焼き上げた食品類を控える。

切干大根のお茶や大根のスープなどの料理を食べる。(体内に蓄積した脂肪、コレステロールの代謝を助ける。)

無塩食をする(動物性の古塩を溶かす。専門家の意見を聞いて実践すること)

ということで、

最近動物性食品、野菜、ぶつき米という普通の食事が多いため、

切干大根のお茶を試してみました。

即効で効果がありました!

冷え症に、切り干し大根のお茶

<材料>

切り干し大根、一つかみ、 水 カップ2

<作り方>

お鍋にコップ2杯くらいの水と、切干大根(無農薬のものをできれば探す)を

軽くひとつかみしたものを鍋に入れ、火にかけます。

沸騰して、切干大根のぷーんとした香りがしたら出来上がり。

切干大根は食べずに、煮汁のみを体内に入れます。

残った切干大根は、サラダや煮物などで使えます。

のんでみたら、みるみる、体の冷えがとれるのがわかりました。(私、敏感体質なんです)

私は陽性の冷え症になってしまっているようで、

ショウガ紅茶よりも、切干大根のお茶の方が効果があるみたいです。

簡単に作れるので、是非お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました