電磁波で家を探索してみましたー!こんなところから電磁波が。

電磁波対策

こんにちは。ブログにいらっしゃってくださってありがとうございます。

私は、元々敏感体質で、ジオパシックストレス(水脈)の上に住んだ経験や、電磁波が高いところに住んだ経験、化学物質過敏症など、

鈍感ではない!という強みがあるのか、それが良いとか悪いとかではなく、

敏感ということは、色々対策ができるということで、

自分に感謝しようという気持ちになりました。

鈍感な人が羨ましいと今までは思っていましたが、

敏感だからこそ、病気になる前に逃げられるのが細い生命線にも言えることだと実感。

今はそこら中に電磁波があって、ないところが珍しいくらい。

電磁波を自分の体で吸収してしまったら、何をすれば良いか?と言いますと、

アーシングが基本です。

アーシングは、砂や土の上をはだしで歩いたり、自然素材を触ったりすることなど。

お風呂に入ったり、水が流れているところに手を当てたり、

自然が滞留していた人間の体内エネルギーを流してくれます。

最近の病気は電磁波が原因と、丸山先生がおっしゃっていて、

本当に一理あるなぁと思って、対策をしていくうちに、

体が楽になってきました。

携帯電話を年中触っているのも、10年前は考えられなかったこと。

当たり前のように慣れてきてしまっていますが、慣れって怖い。。

家の中を電磁波測定器で探索したら、、、。

意外に意外に、大きかったものは、

  • 炊飯器などの電磁調理器>>炊飯器は、電源を入れていないのに、反応がピピピっとしていました。
  • ノート型パソコン>>パソコンも、電源充電していないのに、電源を入れていないのに、、反応が。。
  • 冷蔵庫>>アースしていなかったー。。アース必須。
  • 遠赤外線ストーブ>>遠赤外線なので、ひっついてストーブに当たっていたが、怖くて当れなくなってしまった。

意外に少なかったのは

  • 乾燥機付き洗濯機>>アースしていたからなのか、反応がみられず。
  • テレビ>>ある程度離れているので、気にならないレベルではあった。

などでした。

以前住んでいた家は、子供部屋の勉強机裏あたりにスマートメーターを取り付けられてしまい、そこの電磁波が高くて、東京電力に急いで電話して、スマートメーターを外してもらえた。電磁波過敏症などの原因があれば、スマートメーターを外してもらえて、人が電気の使用量を測ってもらえることになリマした。

海外では、スマートメーターを取り付けるのも反対する町があるそうだし、電磁波対策について、真剣に取り組んでいるが、日本は経済優先の国なので、何も知らないうちに、スマートメーターが取り付けられても、何も言わない人がおおいらしい。

子供は地球の未来だからこそ、子供部屋も電磁波測定器をつけて、対策をしてあげたいと思うこの頃でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました