妊娠中に玄米を食べていました!その結果は?!

ダイエット

長女を妊娠中の時に

玄米を食べていました。

その時食べていた玄米は、

契約栽培米で、減農薬、減化学肥料のお米でした。

玄米を食べることにより赤ちゃんが陽性よりで元気で赤い赤ちゃんが

生まれるので、体質が合えば、もちろん玄米は妊娠中にもおすすめです。

私の場合は、

最初の妊娠の際に、炊き方にもこだわっていましたが、

長女はアトピーになってしまいました(泣)

何でだろう?どうしてだろう?と

血だらけのほっぺを見て泣き

近所をベビーカーで散歩すれば、

近所のおばさま達から、「あら、可哀想。」の声。

その言葉を聞くのが辛いよー!と思いながら、

長女のために、病院を走り回る毎日でした。

今考えると、原因は減農薬のお米、

そして、今まで生まれてきて34歳になるまでに

体に入っていた体内の毒や様々なものが、

妊娠をして、長女にいってしまったのかな?と思います。

また、減農薬の玄米?!ではなく、無農薬の玄米を選べば良かったとの後悔も。

そんな中、子供のアトピー治療では、

県内で有数の有名なアトピーの病院を巡り、

ステロイドでは治さないと心に近いまして、

病院巡りを楽しんでやっていました。

最初に行った近所の普通の皮膚科で

出されたステロイドが、

赤ちゃんのほっぺと自分の指先が、

妙にツルツルとしてしまって、気持ち悪いと思ってしまった!

のがきっかけでした。

最終的に熱海の病院に出会い、

そこの病院に出会えたおかげで、

お肌がきれいに直りました。

ステロイド不使用の漢方よりの紫いろの薬が塗られたほっぺは、

まるでいつでもゾンビ!ハロウィン状態(笑)

あの薬は効いたなー。本当に感謝です。

お米も玄米ではなく消化の良いお米を選び、

最終的に「ゆきひかり」というお米に出会いました。

「ゆきひかり」はお米を改良があまりされていない

アレルギーのお子さんに良いというお米。

改良されて、改良されて、今のお米は

もちっとした美味しさの、そのもっちりがコシヒカリ系で、

ヒスタミンという成分が入っているから、

アトピーの子には餅米が厳禁なのです。

「ゆきひかり」に出会ってからは、ほとんど悩みはなくなり、

小学生になって落ち着きました。

お米で悩んでいたら、「ゆきひかり」無農薬玄米もありますよ。

是非お試しくださいね!

無農薬ゆきひかりは美味しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和2年産 農薬・化学肥料不使用ゆきひかり白米4.5kg【送料無料・数量限定品】
価格:4900円(税込、送料無料) (2021/7/3時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました