赤ちゃんの突然の発熱に。マクロビオティックのお手当

見てくださってありがとうございます!
先日、0歳の長男惟円(ゆいまる)くんが鼻風邪をひきました。
一番最初に風邪をひいたのはお姉ちゃんの”のい”ちゃん。
その風邪がうつってしまったようで、くしゃみに鼻水苦しそう。
頭も発熱しているようで、見てられない。。。
病院に行っても、解熱剤などの薬をだされるかなと思ったので
病院には行かずに、様子を見る事に。

赤ちゃん、子供の発熱のときは、

青菜やキャベツの枕が解熱剤として効果があります。

頭に巻き付けるようにキャベツを巻いて、寝かせると
無事一日で熱が下がりました。
写真ぼけちゃったけどキャベツを巻く惟円君。
キャベツ頭の姿は、かなり可愛いです(笑)
あまりにもひどい状態の時は、病院のお世話になろうとは思うけど
ちょっとした風邪でも抗生物質などの強い薬処方されたりで
腸内細菌をやられてしまうよりは
お手当をすることによって治っていけば
免疫力も高められます。
台所は、家庭の薬局。主婦は、家庭の薬剤師。
とマクロビオティックで教わった
大事な智慧を生活で実践して
生きる力を鍛えられるんだなぁ☆
大森一慧先生、東城百合子先生の
お手当の本が手放せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました