マクロビオティックを考える

マクロビオティック

*  そもそもマクロビとは。

宇宙の法則にしたがった正しい食物をとることで、心身の健康と幸福をえて、精神性を高め思い通りの人生を歩いていくこと。そして、一人が幸せになれば、幸せが伝わり、世界が幸せと平和で満ちていくことを実現していくのです。

正しい食物とは、自然な食べ物、化学調味料や添加物を添加していない物。また、近郊で取れる野菜やお米、豆など宇宙が与えてくれるもの。

野生の動物は、自然な食べ物を食べて生きています。不自然な食べ物を食べて病気になることは決してありません。

現代社会の私たちは、自然でない食べ物があらゆるところに満ちています。それでも生きて行かなくてはならない私たちに、智恵と羅針盤を与えてくれるのがマクロビオティックだと思います。

* 私たちは食べ物でできている。

私たちは食べた物で細胞を作り生きています。口にいれる物を穏やかなエネルギーに満ちた自然な食べ物を選んでいくことで、体が生き生きとしていきます。

化学添加物のたくさん入った物を食べていると、突然キレる、怒るような感情が生まれてきます。またミネラルが欠如してしまうため、病気は体の不調に繋がります。

化学添加物が入っていない物を摂取する心がけも大事ですが、今の食べ物事情では遺伝子組み換えの食品もたくさん入ってきています。モンサント関連の食の映画などで、遺伝子組み替えの食品を少しずつ毎日餌にして口に入れていたマウスが癌になってしまう映画をみました。遺伝子組み替えの食品、例えば大豆など、気をつけている人でもわからないように表示されていることもあります。事実として知ることが、自分を守ることに繋がります。

* 幸せになる。

マクロビオティックをやっていると、腸の調子がよくなってきます。腸は脳とつながっていますので、お通じがよくなり、心も穏やかになってきます。心が穏やかになりますと、楽しいことや平和なことが当たり前のようになってきて、毎日が幸せになります。自分が幸せだと周りも幸せが伝染して、平和が広がります。腸の調子が整うと、考え方も建設的で平和に満ちた物になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました