コロナワクチン、受けたくない。

WikiImagesによるPixabayからの画像 日々の生活

コロナワクチン、受けたくない。

だって痛いんでしょ?副作用怖いでしょ?わからないことだらけで?

安心なものでないと怖くて入れられないよ、と独り言。

行政や世間では、あたりまえのように予約しようみたいな流れですが、

とても怖くて予約できないです。

子供にワクチンなんて、自分以上に!ファイザーとなんとかゼネガ

、などどのメーカーが安心かもよくわかりません。

内海聡さんの本も気になってます。地下鉄の広告は全部撤去らしいです
(マスクしなくていいと書いてあるらしい)確かに、今マスク外して、どうどう歩かれても困るなーと共感。。

そんなさなか、お友達からイベルメクチンの情報を教えてもらいました。

イベルメクチンとは

イベルメクチン: ivermectin)は、マクロライド類に属する環状ラクトン経口駆虫薬[1]。腸管糞線虫症、疥癬毛包虫症の治療薬でもある[2]。商品名はストロメクトール(日本ではMSD(旧・万有製薬)製造、マルホ販売[2])。放線菌が生成するアベルメクチンの化学誘導体[1]静岡県伊東市内のゴルフ場近くで採取した土壌から、大村智により発見された新種の放線菌「ストレプトマイセス・アベルミティリス」(Streptomyces avermitilis)が産生する物質を元に、MSDが創薬した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

静岡県の伊東市で発見された微生物なのかな?(近場で、しかも日本というところがうれしい)世界では寄生虫の薬として、さまざまなところで流通しているらしいです。

インドでは薬価が安いイベルメクチンが手軽に買えるらしく、感染者が増大してしまったのを劇的に減らすことができたそうです。薬価が50円くらいと聞きました。インターネットで調べると、ワクチンの金額は、ファイザーはワクチン2回分で39ドル、モデルナは50~60ドルであるのに対して、アストラゼネカはそれらの5分の1未満の8ドルくらいとのことで、ワクチンビジネスってあるよねー。。と思いました。

イベルメクチンは、日本では逆輸入で海外から購入するらしい。コロナワクチンが安心してうてるようになるまでのお守りとして、お友達と共同で購入しました!まだ届いていないのですが、届きましたらご報告します。

早く安心して、遠出やお出かけできるようになってほしいと願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました