IMG 1653 768x1024 - 里芋と春キャベツの押麦ミネストローネ
IMG 1653 768x1024 - 里芋と春キャベツの押麦ミネストローネ

春の天候の中、突然の雨や嵐?!のような風が吹く

最近の天気。

寒くなったり、暑くなったりですが、

みなさん、どのようにお過ごしですか?

今日はベジタリアンメニューで体を浄化したい時の

メニューを作ってみました。

里芋はぬめりで体を浄化してくれる野菜、

キャベツは中庸の野菜で、優しい味わい。

押麦は、スーパーでも手軽に購入できます。

押麦は、大麦の一種で、うるちタイプをローラーで潰したもの。

大麦は春におススメの穀物で、春の臓器「肝臓と胆のう」を養うことで、

秋冬にため込んだ脂肪や毒素を排出することができる

デトックス効果の高い食材です。

春は、苦味も取り入れたい季節。

青菜の苦味も体に合います。

里芋と春キャベツの押麦ミネストローネ

材料、里芋4個、人参1個、春キャベツ 1/8くらい、ニンニク少量、オリーブオイル

押麦、100g 、トマトピューレ 400cc、水200cc程、醤油大さじ2

<作り方>

1、野菜は回し切りで一口サイズに、キャベツはザク切り、押麦はざるに入れて軽く水洗いする。

2、お鍋に火にかけ、オリーブオイルでニンニクを炒めたあと、野菜を炒める。

3、洗った押麦を軽く炒めて、トマトピューレ、水を入れて、15分程煮込む。

4、野菜と押麦が柔らかくなったら、醤油大さじ2を回しかけて完成です。

お肉が自然に食べられなくなってしまった長女が

美味しい、美味しいとパクパクと食べてくれて、大好評。

カレーと野菜が嫌いな息子も、不思議とご飯にかけて食べてくれました。

押麦のプチプチ感が、ひき肉っぽい感触がありますので、お肉好きにもいけるのかも。

大豆ミートの、大豆臭さが苦手で、食が進まない人は、

無理して大豆ミートを食べなくても、穀物や豆料理で様々な素材感を味わうのがおすすめです。

穀物料理の良いところは、大量にできてしまって、次の日にもお惣菜としても食べれるところ。

暖かくても美味しいけれど、冷やして冷製風にしても美味しく食べれます。

今日もごちそうさまでした!

uniko

uniko

アーシングマスター取得(一般社団法人日本アーシング協会 JPEAA)。アーシングアシストサービス。アースの状況を把握することができます。またインテリアコーディネーターによる、室内配線に関するご相談やご要望にお応えします。現地調査も行い、ベストなアーシング環境を提供します。ご要望により電磁波測定も行います。 アーシングや電磁波対策についての情報。そして、日々のこと、様々なbeingな情報をお伝えしてます。
Previous post 燃費が良くなるらしい?!358のミラクル数字!車のナンバーにおすすめ?!
Next post 電磁波対策(1) 丸山式コイル、RAYONEX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ソーシャルプロフィール
PAGE TOP