bokeh gb120367fb 1920 1024x683 - アーシングする。外で、家でもできるアーシング。電磁波過敏症からの脱却。

こんにちは。今日もブログに来てくださってありがとうございます。

ジオパシックに見事に反応(笑)して、電磁波過敏症でもある敏感体質HSPの私が、

見えてきたトンネルからの光!!!!!

アーシングというものがあることを、最近知り体験してきました。

アーシングとは

アーシングとは、地球、地面とつながること、またグランディングともいいます。

私が体験したアーシングは、体内の静電気を流すというアーシングです。

簡単に言えば、洗濯機のアースや冷蔵庫のアースは、

洗濯機や冷蔵庫の電磁場が強くて、

あまりにも大量の電気が流れるのを防ぐため、漏電防止に、

アースして流さないようにする役目があります。

特に、水周りの電化製品は特に感電防止に必須で、

冷蔵庫や洗濯機は、周りに必ず、アースのコンセントが

日本の住宅にもあります。

日本は水回りの部屋にアースがあるというイメージですが、

世界の住宅には、ほぼアースのコンセントがあるそうです。

また、電磁波に対する対応もだいぶ遅れていて、

世界の先進国では、ほとんとのコンセントにアースがついているのに、

日本ではアースは決まったところにしか作られていなかったり、

重視されていないそうで、日本はアースについては後進国だとか。

そのため、日本の住宅では、アースされていないために、

電化製品を使うことによって生まれる電場が強く出てしまっていたり、

電磁波が強いところで、寝ていたり、

壁の電気回線の影響をもろに受けている部屋の場所があったりするそうです。

昨年、引っ越ししたお部屋は、

アースコンセントが比較的多い物件だったので、

お部屋に一つ(エアコン用ではありますが)あり、

以前の部屋がアースコンセントがなさすぎて、

こんなにアースがあって何のためなのか?と、

引っ越しした当時は思いましたが、

アースコンセントがあって良かったー、そして

意味があったのかーとふに落ちるのでした。

しかし、お部屋自体は、送電線も近距離にあるので、

決して電磁波過敏症には、良い環境ではないのです。

電磁波については、

丸山式コイルで有名な丸山先生の

動画やブログ、DVDで勉強しました。

想像以上に、現代社会は電磁波に晒されていて、

見えないところで、わからないところで

受けているのです。

病気の原因は、90%は電磁波とおっしゃっている

先生もいるくらいで。

また、アーシングは、体内の静電気が除去されるのが目的ですが、

体にこもった電気は体内で悪さをするらしく、

静電気になって、体や筋肉にこもるらしい。

また、電磁波もしかり。

電磁波は、目にこもって目を病気にするやら視力を衰え冴えるやら。

マクロビの先生が21世紀は、目に見えないものとの戦い、

それはウイルスだったり、電磁波だったりとおっしゃっていたことを思い出すと、

近々のコロナのことも、5Gやら、様々その通りに時代が変化していて、

それに対応していく、対処していく、知恵が大事になってくることがわかります。

電磁波に関して、丸山先生の丸山コイルなども購入したり、

RAYONEXを置いたり、

様々日々できる対策をしていますが、

こちらの本で、

アーシングなる情報にたどり着き、

早速アーシングシート、マット、測定器を購入しました!



このキットを購入して分かったことは、、、

測定器で測れるということで、早速測ってみたら。。。。

電化製品の近くにいくと、体の体内静電気の数値が一気に上がりました(汗)

電場という電気の発生源にさらされている状態で、

こちらのアーシング用測定器は電場が測定できます。

電磁波は磁場なので、電磁波測定器とは、違うのです。

まずは、アーシングマットで自分の静電気がアースして0になることを確認した後、

アーシングマットから足を外して、電化製品の近くに行きます。

数値がグングンと上がって、0.100前半から、

一気に数値が0.400から0.500までグーっと上がる電化製品まで。

キッチンの数値、高い(汗)。。冷蔵庫のアースが取れてないからだーとか、

炊飯器の数値が意外に高いんだーなど、

パソコンの電源を入れたまま作業すると、

コンセントからさした状態の電場数値が高いんだーとか、

様々なことがわかりました。

結局人間の1日の中で、一番長い睡眠時間をとる寝室の電場、磁場を

整えることが大事という記事を見て、

電場を整えます。

電場を測定器で測り、なるべく0状態にして、

アーシングシーツという布団の上に敷くシーツの上で寝ると、

0状態になり、体内の静電気はアースされている状態になります。

寝ている時も、アーシングしている状態になるので、

体内の静電気がアースされていることで、血流がよくなるような感触がして、

体も楽で、とても良い睡眠が取れます。

目覚めてから、体が軽い感覚になりました。

アーシング用電場を測る測定器で測って、

意外に盲点だったキッチンの電場が高いことがわかりました。

ダイニングキッチンの椅子が金属素材だったため、

冷蔵庫のアースがされていなくて電場が高く、

吸収されていたようで。。。

ダイニングキッチンではご飯を食べないで、

リビングでご飯を食べるようにすることにしてみました。

なぜか思い当たる節があり、

ダイニングキッチンのテーブルと椅子でご飯を食べると

子供たちが兄弟喧嘩が頻発するんだーとふに落ちました。

見えないで体調不良になるよりは、

見えることで、体調不良の原因を知って、対処する。

アーシングシーツで寝て二日目。

アーシングシーツの上にいると、土の上にいるような

不思議な気分になれます。少しひんやりとした土の上にいて、気持ちいいという感じ。

アーシングシーツ、マットでいろいろ試したら、

アーシングシューズも購入してみようと

アーシングにハマるのでした。。

uniko

uniko

アーシングマスター取得(一般社団法人日本アーシング協会 JPEAA)。アーシングアシストサービス。アースの状況を把握することができます。またインテリアコーディネーターによる、室内配線に関するご相談やご要望にお応えします。現地調査も行い、ベストなアーシング環境を提供します。ご要望により電磁波測定も行います。 アーシングや電磁波対策についての情報。そして、日々のこと、様々なbeingな情報をお伝えしてます。
Previous post 携帯電話で話す時は、マイクやスピーカーで話すようにする。。。電磁波対策をしよう 2
Next post 大豆ミート(大豆の臭みをとるコツ)大豆ミートとトマトの煮込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ソーシャルプロフィール
PAGE TOP